アドベンチャーガイズ

ヨーロッパアルプス名峰登山

モンブランとマッターホルン登頂 13日・14日

モンブランとマッターホルン登頂 13日・14日

技術度:6/体力度:5

モンブランとマッターホルンの概要
モンブランとマッターホルンの2山にチャレンジするツアー。まずは技術的に登りやすい雪稜中心のモンブランから。モンブランは標高が高いために、マッターホルンの高所順応登山としても最適です。ツェルマットに移動してからマッターホルンにチャレンジ。雪稜、岩稜とタイプの違ったアルプスの代名詞の2山で登攀を満喫して下さい。

モンブランとマッターホルン登頂 13日間
◆日・欧系航空会社プラン◆

≪ツアー日程表≫

[1日目] 成田→ジュネーブ→シャモニ

空路、ジュネーブへ
到着後 送迎車で国境を越え、モンブランの麓の町、シャモニへ向かいます。
宿泊地:シャモニ

[2日目] シャモニ

時差ボケ解消など体調を整えるために、シャモニを拠点としたハイキングコースにご案内します。
(ロープウェイなどの切符は自己負担です。)夕方、登山の打ち合わせをします。
宿泊地:シャモニ

[3日目] シャモニ→バレーブランシュ→シャモニ

高度順応を図るために、バレーブランシュ氷河をトレッキングします。
宿泊地:シャモニ

[4日目] シャモニ→レ・ズーシュ→ベル・ビュー→ニーデーグル→グーテ小屋

バスにてレ・ズーシュへ。ロープウェーと登山電車を乗り継ぎニーデーグルへ。
テートルースの小屋を経て大クーロワールのトラバースから岩稜を登り、頭上に見えるグーテ小屋へ。
宿泊地:グーテ小屋

[5日目] グーテ小屋→ヴァロ小屋→モンブラン頂上→グーテ小屋→ニーデーグル→シャモニ

ドーム・ドゥ・グーテ(4,304m)を越えヴァロ小屋を過ぎ、ボス山稜を辿り、
ナイフリッジを過ぎるとアルプスの最高峰モンブランの頂上(4,807m)へ。
下山は同ルートを辿りニーデーグルまで一気に下ります。その後往路をシャモニへ。
宿泊地:シャモニ

[6日目] シャモニ

登山予備日。
宿泊地:シャモニ

[7日目] シャモニ→ツェルマット

鉄道を乗り継ぎツェルマットへ。夕方、登山の打ち合わせをします。
宿泊地:ツェルマット

[8日目] ツェルマット→ブライトホルン→ツェルマット

マッターホルンのプレ山行としてブライトホルンをハーフトラバースルートより登ります。
宿泊地:ヘルンリ小屋

[9日目] ツェルマット→シュパルツゼー→ヘルンリ小屋

ロープウェーでシュパルツゼーへ。ここよりヘルンリ小屋までトレッキングします。
宿泊地:ヘルンリ小屋

[10日目] ヘルンリ小屋→マッターホルン→→ヘルンリ小屋→シュパルツゼー→ツェルマット

早朝、ヘルンリ小屋を出発し、標高差1200mを登り、マッターホルン登頂を目指します。
ヘルンリ小屋経由で、ツェルマットへ戻ります。
宿泊地:ツェルマット

[11日目] ツェルマット

登山予備日。
(翌日の航空便の出発時刻により、夜にジュネーブへ移動して宿泊とさせて頂く場合もあります。)
宿泊地:ツェルマット

[12日目] ツェルマット→ジュネーブ

鉄道を乗り継ぎジュネーブ空港へ。空路、帰国の途につきます。
宿泊地:機内泊

[13日目] →東京

到着後、解散です。

≪ツアー代金≫
◆日・欧系航空会社プラン◆

2017年7/1(土) ¥915,000.
2017年7/8(土) ¥915,000.
2017年7/15(土) ¥963,000.
2017年7/22(土) ¥939,000.
2017年7/29(土) ¥939,000.
2017年8/5(土) ¥998,000.
2017年8/12(土) ¥998,000.
【旅行条件】
*燃油サーチャージの目安 ¥8,000 (2017年2月現在)
●出発地:東京発
●現地係員がご案内します
●最少催行人員:4人
●食事:朝ー10 昼ー0 夕ー2
●一人部屋追加代金:¥62,000.
●モンブラン個人ガイド追加代金:¥85,000.
●マッターホルン登山予備日ガイド拘束追加代金:¥60,000.
*グーテ小屋宿泊が他の山小屋に変更になる場合がございます。
*ジュネーブ空港が、チューリッヒ、ミラノ等の他の空港に変更になる場合がございます。
モンブランとマッターホルン登頂 14日間
◆アジア系航空プラン◆

≪ツアー日程表≫

[1日目] 成田→

空路、ジュネーブへ
宿泊地:機内泊

[2日目] →ジュネーブ→シャモニ

到着後、送迎車で国境を越え、モンブランの麓の町、シャモニへ向かいます。
宿泊地:シャモニ

[3日目] シャモニ

時差ボケ解消など体調を整えるために、シャモニを拠点としたハイキングコースにご案内します。
(ロープウェイなどの切符は自己負担です。)夕方、登山の打ち合わせをします。
宿泊地:シャモニ

[4日目] シャモニ→バレーブランシュ→シャモニ

高度順応を図るために、バレーブランシュ氷河をトレッキングします。
宿泊地:シャモニ

[5日目] シャモニ→レ・ズーシュ→ベル・ビュー→ニーデーグル→グーテ小屋

バスにてレ・ズーシュへ。ロープウェーと登山電車を乗り継ぎニーデーグルへ。
テートルースの小屋を経て大クーロワールのトラバースから岩稜を登り、頭上に見えるグーテ小屋へ。
宿泊地:グーテ小屋

[6日目] グーテ小屋→ヴァロ小屋→モンブラン頂上→グーテ小屋→ニーデーグル→シャモニ

ドーム・ドゥ・グーテ(4,304m)を越えヴァロ小屋を過ぎ、ボス山稜を辿り、
ナイフリッジを過ぎるとアルプスの最高峰モンブランの頂上(4,807m)へ。
下山は同ルートを辿りニーデーグルまで一気に下ります。その後往路をシャモニへ。
宿泊地:シャモニ

[7日目] シャモニ

登山予備日。
宿泊地:シャモニ

[8日目] シャモニ→ツェルマット

鉄道を乗り継ぎツェルマットへ。夕方、登山の打ち合わせをします。
宿泊地:ツェルマット

[9日目] ツェルマット→ブライトホルントラバース→ツェルマット

マッターホルンのプレ山行としてブライトホルンをハーフトラバースルートより登ります。
宿泊地:ヘルンリ小屋

[10日目] ツェルマット→シュパルツゼー→ヘルンリ小屋

ロープウェーでシュパルツゼーへ。ここよりヘルンリ小屋までトレッキングします。
宿泊地:ヘルンリ小屋

[11日目] ヘルンリ小屋→マッターホルン→→ヘルンリ小屋→シュパルツゼー→ツェルマット

早朝、ヘルンリ小屋を出発し、標高差1200mを登り、マッターホルン登頂を目指します。
ヘルンリ小屋経由で、ツェルマットへ戻ります。
宿泊地:ツェルマット

[12日目] ツェルマット

登山予備日。
(翌日の航空便の出発時刻により、夜にジュネーブへ移動して宿泊とさせて頂く場合もあります。)
宿泊地:ツェルマット

[13日目] ツェルマット→ジュネーブ

鉄道を乗り継ぎジュネーブ空港へ。空路、帰国の途につきます。
宿泊地:機内泊

[14日目] →東京

到着後、解散です。

≪ツアー代金≫
◆アジア系航空プラン◆

2017年6/30(金) ¥860,000.
2017年7/7(金) ¥860,000.
2017年7/14(金) ¥924,000.
2017年7/21(金) ¥924,000.
2017年7/28(金) ¥924,000.
2017年8/4(金) ¥968,000.
2017年8/11(金) ¥952,000.
【旅行条件】
*燃油サーチャージの目安 ¥5,000 (2017年2月現在)
●出発地:東京発
●現地係員がご案内します
●最少催行人員:4人
●食事:朝ー10 昼ー0 夕ー2
●一人部屋追加代金:¥62,000.
●モンブラン個人ガイド追加代金:¥85,000.
●マッターホルン登山予備日ガイド拘束追加代金:¥60,000.
*グーテ小屋宿泊が他の山小屋に変更になる場合がございます。
*ジュネーブ空港が、チューリッヒ、ミラノ等の他の空港に変更になる場合がございます。
【ツアー実地・お問い合わせ先】

株式会社 アドベンチャーガイズ
〒102-0072 東京都千代田区飯田橋4-5-4 山和ビル3階
観光庁登録旅行業第1713号
(社)日本旅行業協会(JATA)正会員
TEL 03-5215-2155 FAX 03-3288-3211
e-mail:info@adventure-guides.co.jp
営業時間 月-金/10:00-18:00 土/10:00-14:00 日・祝/休み

お問い合わせ・ご予約はこちらから