アドベンチャーガイズ

アフリカ

ウガンダ/ルエンゾリ(5,109m)登頂15日間

ウガンダ/ルエンゾリ(5,109m)登頂15日間
ウガンダ、コンゴの国境にまたがるジャングルにひっそりと聳える山。ナイル川源流、幻の月の山とされる。アプローチに深いジャングルの湿地帯を通過するなど冒険要素が満点。また、山頂付近に3級程度の岩登り、氷河上の登攀もあり、冒険とクライミングの両方が楽しめる山です。登山技術は 雪稜に関しては基本的なアイゼン・ピッケルワークができれば問題ないでしょう。岩稜は固定ロープが張られている3級レベル。ユマールが使えると楽に通過できます。また、下りは懸垂下降になるので、エイト環などを使います。

技術度:3/体力度:5

登山シーズン

最適期は12月~3月の4ヶ月間と7~9月の3ヶ月間です。雨季にあたる4月~6月は登れません。10月~11月は小雨季にあたり、お勧めできません。
1月:○2月:○3月:×4月:×5月:×6月:×7月:○8月:○9月:○10月:△11月:△12月:△

ルート概要
ジョンマテ小屋までは、川沿いのルートを登ります。ジョンマテ小屋からブジェク小屋間に大きな湿地帯があり、ひどい時には膝上まで潜ることもあるので、ゴム長靴が必需品。エレナ小屋までは、前半は湿地帯、後半はスラブ上の岩上のルート。雨の中では滑り易いので慎重に登ります。
エレナ小屋からは、本格的な登攀が始まります。2級程度の固定ロープがある岩場を抜けると、スタンレープラトーへ。氷河上のアイゼン歩行がはじまります。アップダウンを繰り返しながらプラトーを詰めると、頂上直下の急な岩登り。20m程度の梯子を上り、固定ロープが張ってある2級程度の岩場を登り切ると山頂は眼の前。100m程度の標高差の雪上のルートを登ると山頂へ。

登山レベル
総合レベル : C 高度レベル:E 技術レベル:B 宿泊レベル:E
エレナ小屋まではトレッキングですが、標高の高い中、湿地帯など歩きにくいところを歩くので、十分な基礎体力が必要。エレナ小屋以上は登攀になります。雪上技術は、急な雪壁が無いので基本的なアイゼン・ピッケルワークができれば問題ないでしょう。岩の登攀技術は、固定ロープが張られている、2級レベルの岩登りがあります。ユマールが使えると楽に通過できます。また、下りは懸垂下降になるので、エイト環などを使った下降に慣れていることが必要になります。また、標高の高いところでの登攀になるのでしっかりとした基礎体力が必要になります。

・キャンプ地 ニャビタバ小屋:2,650m
・ジョンマテ小屋:3,380m (山小屋との標高差約730m)
・ブジュク小屋:3,980m (山小屋との標高差約600m)
・エレナ小屋:4,540m (山小屋との標高差約560m)
・山 頂:5,109m (山小屋との標高差約570m)


≪ツアー日程表≫



[1日目] 東京→
空路、アジアの年を経由してウガンダのエンテベへ向かいます。
宿泊地:機内泊



[2日目] アジア都市→エンテベ→カンパラ
アジア都市にて航空便を乗継。
到着後、カンパラ(エンテベ空港周辺となる場合もあります)へ移動してホテルへ。
宿泊地:カンパラ



[3日目] カンパラ→カセッセ
送迎車で、ルエンゾリのベースになるカセッセへ向かいます。
宿泊地:カセッセ



[4日目] カセッセ→ニャカレンギジャ→ツニャビタバ小屋
送迎車でニャカレンギジャへ。入山手続後、スタッフとともにトレッキングを開始しニャビタバ小屋へ。
歩行距離10km、6時間
宿泊地:ニャビタバ小屋



[5日目] ニャビタバ小屋→ジョンマテ小屋
ブジュク川沿いにジョンマテ小屋へ。天候が良ければ、スタンレー山の氷河が遠望できます。
歩行時間7km、7時間
宿泊地:ジョンマテ小屋



[6日目] ジョンマテ小屋→ブジュク小屋
深い湿原地帯を歩き、ロベリアなどアフリカらしい景色の中、ベーカー山が聳え立つブジュク小屋へ。
宿泊地:ブジュク小屋



[7日目] ブジュク小屋→エレナ小屋
スピーク氷河、ブジュク湖を眺めながら、スラブ上の岩上ルートをエレナ小屋へ向かいます。
宿泊地:エレナ小屋



[8日目] エレナ小屋→マルゲリータ峰→エレナ小屋
ルエンゾリ最高峰・マルゲリータ峰へ。固定ロープの岩登り後、スタンレープラトーへ。アイゼンを装着して氷河や岩場のアップダウンを繰り返します。
最後の岩場の急登を登りきるとマルゲリータ峰の山頂はもうすぐです。登頂後、往路を戻り、エレナ小屋へ。
宿泊地:エレナ小屋



[9日目] エレナ小屋→ブジュク小屋
往路を戻り、ブジュク小屋へ。
宿泊地:ブジュク小屋



[10日目] ブジュク小屋→ニャビタバ小屋
往路を戻り、ジョンマテ小屋を経由してニャビタバ小屋へ。
宿泊地:ニャビタバ小屋



[11日目] ニャビタバ小屋→カセッセ

往路を戻り、インバダへ。送迎車でカセッセへ戻ります。
宿泊地:カセッセ



[12日目] カセッセ
天候予備日。
宿泊地:カセッセ



[13日目] カセッセ→カンパラ
送迎車でカンパラへ戻ります。
宿泊地:カンパラ



[14日目] カンパラ→エンテベ
朝食後、エンテベ空港へ。空路、ドバイを経由して帰国の途へ。
宿泊地:機内泊



[15日目] アジア都市→東京
アジアの都市で航空機を乗り継ぎます。東京到着後、解散です。

≪ツアー代金≫


2017年12月27日(水)出発¥648,000.
2018年2月2日(金)出発¥618,000.

【旅行条件】
*燃油サーチャージの目安 ¥6,000 (2017年9月現在)
●出発地:東京
●最小催行人員:6人 ●食事:朝-13 昼-13 夕-12
●一人部屋追加代金:¥38,000.

【ツアー実地・お問い合わせ先】

株式会社 アドベンチャーガイズ
〒102-0072 東京都千代田区飯田橋4-5-4 山和ビル3階
観光庁登録旅行業第1713号
(社)日本旅行業協会(JATA)正会員
TEL 03-5215-2155 FAX 03-3288-3211
e-mail:info@adventure-guides.co.jp
営業時間 月-金/10:00-18:00 土/10:00-14:00 日・祝/休み

お問い合わせフォームはこちら

2